新日本テクノカーボン株式会社

Recruiting Site

Entry お問い合わせ

INTERVIEW

営業部
T.S.さん
2013年4月 入社
大学院(理系)/工学研究科
環境プロセス工学専攻 卒業
T.S.

学生時代はどんな風に過ごしていましたか?

大学時代は、友達に合わせることもなく、自分の興味ある授業は何でも受けていました。非常にマイペースだったと思います。大学院の研究室では、カーボンに関連する研究もしていましたが、実験が面白くて時間が経つのを忘れてしまうくらい熱中し取り組んでいました。それだけに、生活のONとOFFのメリハリには気を付けていましたね。

新日本テクノカーボンを選んだきっかけは?

就職活動の時は、やはりカーボンに関連する企業で仕事をしたいと思っており、この会社を知りました。私自身は関東出身なのですが、ちょっと田舎志向といいますか、自然豊かで、人がそう多くない生活環境を好む傾向がありました。また学生時代に秋田に住んで経験もあり東北地方にはなじみ易かったので、宮城県に本社の当社がマッチし、ご縁もあって入社することになりました。

最初に製造部に配属された頃の新人研修では、製造現場の業務を一通り体験させてもらいました。なかでも忘れられないのが、夜間の工場監視業務でしたね。敷地内や工場現場をあちこちパトロールし、異常がないかを確認するといった単純なものでしたが、真っ暗の中工場を巡回するというのは経験がなく、何か出るんじゃないか?とドキドキしました(笑)。その他、資格取得に必要なサポートなどもありました。

今、どんな仕事をしていますか?

現在営業部に所属しており、営業マンとして、お客様との取引関係の強化をはじめ、新規取引先の開拓、成長市場のマーケティングなど精力的に行っています。これまで「理系人間」としてモノづくりの世界に生きてきましたが、営業部には売上という分かりやすい数値目標があります。常にお客様のニーズに耳を傾け、市場の最新動向を収集し、社内外の多くの人々と関わり合いながら、売上という明確な目標を目指していく過程は、非常に面白くやりがいを感じています。営業1年目の頃、右も左も分からない状態から、苦労して1千万円の新規案件を受注できた時のことは、今も強く印象に残っています。いきなりすごい成果を残せるとは思っていなかったのですが…新規のお客様であっても、当社製品を高く評価いただいての結果だと思います。

職場の雰囲気ですが、以前は、会社の組織とはもっと殺伐としているという思い込みがありましたが、自分が仕事で困った時、上司や同僚が親身になって相談に乗ってくれて、適切なアドバイスをもらったり、必要であれは業務を一時的にサポートしてくれたりと、業務を臨機応変にチームで遂行していくような体制です。あたたかなメンバーに囲まれ、非常に恵まれた環境で仕事が出来ています。

就活中の皆様へひとこと

カーボン製品は、皆さんの身近ではあまり目にすることのない地味な製品ですが、自動車、パソコン、スマホ、また太陽光発電など活躍する分野は広く、いま私たちの日常生活に決して欠かすことのできない製品です。まさしく「縁の下の力持ち」みたいな製品ですが、少しでもお興味を持った方、チャレンジしてみたい方は、ぜひ弊社の門をたたいてみてください!