新日本テクノカーボン株式会社

企業方針

基本理念

新日本テクノカーボン株式会社は、地球規模での環境保全が世界共通の重要課題であるとの基本認識に立ち、
自然及び社会に対して有害な結果をもたらすことがないよう組織としても個人としても最大限の配慮を行いながら企業活動を行うことを基本理念とする。

殊に当事業所は緑豊かな田園地帯の丘陵に立地し、「特殊炭素製品及びその応用製品」を開発・製造している素材・エネルギー多消費型工業であるという特徴を有しているが、事業活動における省資源・省エネルギー・廃棄物の削減のための日常活動は環境保全に資すると共に自らの企業目的にも沿うものであることを再認識し、以下の方針に基づき地域の環境保全と地球環境への負荷低減を目的とした環境管理を行う。

環境方針

  1. 1
    当本社工場の活動、製品、サービスにかかわる環境側面を常に認識し、環境汚染の予防を推進するとともに、環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  2. 2
    当本社工場の活動、製品、サービスにかかわる環境関連法規、規制、地域協定等を順守するためその規準を確実に管理する。
  3. 3
    当本社工場の活動、製品、サービスにかかわる環境側面のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組む。
    (1)消費エネルギーの大半をしめる電力及び重油の使用効率の向上
    (2)生産過程で使用するピッチ、コークス等の原材料の適切管理と歩留り向上
    (3)生産過程で発生する粉塵の低減
    (4)工場排水水質及び排気中排出物質の適正水準維持管理
    (5)産業廃棄物発生の削減とリサイクル化
    (6)緑化の維持・向上
  4. 4
    この環境方針の達成のため環境目的・目標を設定し、当本社工場内の関係・関連会社を含む全部門、
    全業務従事者をあげて環境管理を推進する。
  5. 5
    この環境方針は本社工場内全部門、全業務従事者に周知するとともに、一般の人にも開示する。

平成27年1月1日
新日本テクノカーボン株式会社
代表取締役社長  山川 理